マイルと私の日々

働く主婦・ANAマイラーな私の日々をつづります

ダイヤモンドヘッド登頂

スピカです。今日は、2018年7月弾丸ツアーの際の行ったダイヤモンドヘッドのことを書きたいと思います。

 前回の記事はこちら↓

www.spicatravel.com

 

 何度もハワイに行っているのに。

なぜかダイヤモンドヘッドには登ったことがありませんでした!

 弾丸ツアーの2日目の朝、この旅の目的のひとつ、ダイヤモンドヘッドを目指してクィーンカピオラニホテルを出発。

たぶんもっと早く出発しなくてはいけなかったんだと思うけど、モタモタしていて出遅れてしまいました。

 

下の画像はカピオラニホテルのHPよりお借りしました。

ダイヤモンドヘッドが目の前。素敵ですねー!

 

f:id:spicatravel:20190517223630j:plain

ダイヤモンドヘッドに関する基本データ

 営業時間:6:00~18:00(最終受付は16:30まで)

入山料: ひとり1ドル(現金のみ)

     レンタカーの場合は1台につき5ドル

所要時間:普通の大人の足で30分くらい

頂上での休憩と下山時間で合わせて1時間半はみておきましょう。

 

ダイヤモンドヘッド登山口までの行き方

私が行った方法 (ザ・バス23番)

ワイキキから登山口の最寄バス停まで:ザ・バス23番(2番もOK)で15分ほど。

バスは、クヒオ通りのダイヤモンドヘッドに向かう側で乗ります。

降りるバス停は、カピオラニコミュニティカレッジ(KCC)の広い駐車場を過ぎたら、次で降ります。(右にダイヤモンドヘッドへ向かう道が出てきたらそこが最寄バス停です)

たいてい、運転手さんが「ダイヤモンドヘッド!」と大きな声で教えてくれます。

バス停から登山口まで徒歩15分です。

この日は暑かった!水分を忘れずに持っていこう!私はボトル半分の水しか持っていなくて大変でした。

 

降りたバス停のそばに、こんな看板がありました。

 

見ると、同じ目的と思しき人たちがいたので、ついていきました。

 

 

途中、こんなトンネルが。歩道がすごく狭いので車に注意です。

日の出前の夜はこの道は危ないです。日の出が見たい人は、絶対オプショナルツアーで行きましょう。

 

トンネルを抜けると、左手にこんな景色が開けます。

ココヘッドかな。

 

さて、登るぞ!

 登山口へ着いたら

窓口で、1ドル払います。

 登山前の注意!水は必ず持っていきましょう。登山口のところで自販機がありますが

小銭がなくて買えませんでした。そしてあとで後悔することに。。。

水筒を持っていれば、無料で水をくむことができる場所があります(トイレ前)

 

熱中症一歩手前になった(汗)

ミネラルウォーターのボトルは持っていましたが、中身は半分程度。

これは自殺行為でした。(反省)

頂上に着くまでは、暑さと喉の渇き、呼吸困難感が襲ってきて、ものすごく大変でした。けっこう体力がいります。私はちょっと軽く考えすぎていました。

そのせいで、写真を撮る余裕なく、画像なしです(笑)

 

頂上に到達!!

登り切ったら、それまでの疲れ、熱中症(?)が吹き飛びました。

やはり画像では分からない、感動がありました。

 

 

もう少し左に目を向けると、海沿いの邸宅が並んでいました。

 

 まだ登ったことがない方、おすすめします。

ただし歩きやすいスニーカー、ドリンク、帽子などをお忘れなく!

 

下山後のドリンク!おいしかったぁ~~~

下山したところに、ジューススタンドがありました。

マンゴージュースが死ぬほどおいしくて、体にしみましたー。

いくらか忘れましたが、高かった気がします。たぶん7~8ドルとか・・・

f:id:spicatravel:20190520211316j:plain

 

 

 ワイキキに帰る

来た道をそのまま戻り、来た時と反対側のバス停から、23番バスに乗ります。

30分に1本くらいの割合で来ます。

急ぐ場合は、もっと頻繁にくる2番バスが、徒歩3分先にあるKCCのバス停に止まりますよ。

 

今日はこの辺で終わりにしますね!